comodo_logo.png


お問い合わせお問い合わせ

DSC03759.jpg


BON_0070.JPG

S家の住み処
建築地 :茨城県結城市
構造  :木造平屋
施工期間:2009.04~2009.12
敷地面積:
延床面積:60.24㎡(18.0坪)
家族構成:夫婦+子×3

子世帯へ、受け継ぐ住まい

西面には母屋があり、子世帯のための「離れ」である。母屋は伝統的な「数寄屋造り」のため、その趣を尊重する外観に配慮した。間取りはLDKと寝室・水廻りのみの設計である。将来的には母屋へ子供部屋を計画することにした。茶の間の床を琉球畳を用いることで、和の趣を強める方向とし、M家の台所のような「動線の流れ」を受け継いでいる。浴室は自身初のハーフユニットを採用。腰上の板張りは「サワラ」。今作品は施主の意向もあり、和の指向性を強めた結果となったように思う。

BON_01281.JPGBON_0100.JPGBON_0047.JPGBON_0122.JPGBON_0029.JPG