comodo_logo.png


お問い合わせお問い合わせ

DSC03759.jpg


CMD_7418.jpg

machiya
建築地 :栃木県矢板市
構造  :木造2階建て+店舗
施工期間:2016.04〜2016.09
敷地面積:621.50㎡(188.00坪)
延床面積:120.99㎡(36.5坪)
家族構成:夫婦+子×3

あっさり、しれっと、上質に。

「machiya」と題された今作のコンセプトは、まさしく“町屋”となります。

前面道路の大きな通りからは水平ラインを強調し低くどっしりと構え、手前には店舗(整体治療院)を配し、ゾーニング(部屋の区割)の明確化から、その奥には家族の間としての居住空間を備えた店舗併用住宅となります。
診療所の患者さんと家族のプライベートを明確化するためにリビングは2階に配しました。化粧表しとした大屋根に内包されながら、家族の司令塔としての位置づけであるアイランドキッチンを中心に、気兼ねなくゴロゴロ出来るようリビングでありながら床は畳仕上げ。更には外を内に緩やかに取り込む装置としてインナーバルコニーも備えます。
 150坪を超える広大な敷地に対する作庭はいつもの「家+庭=家庭」をコンセプト。大きな大きなヤマボウシを誂え、まるで「キャンプサイト」のようなお庭に仕上げました。そこには弊社の建築コンセプトに則った小屋である「COMODO hutch」が併設され、あたかもひとつの村であるかのよう、敷地内だけでコミュニティを形成しています。玄関前の屋根から突き出た樹形の美しいアオダモや、近景と遠景を意識して配された植栽は一見の価値ありです。

CMD_7185.jpgCMD_7118.jpgCMD_6961.jpgCMD_7239.jpgCMD_7152.jpgCMD_7393.jpgCMD_7317.jpgCMD_7338.jpg
CMD_7361.jpgCMD_7277.jpgCMD_7257.jpgCMD_7197.jpg