comodo_logo.png


お問い合わせお問い合わせ

DSC03759.jpg


_CMD8372.jpg

斜め45°の家
建築地 :栃木県宇都宮市
構造  :木造2階建て
施工期間:2016.05〜2016.11
敷地面積:222.28㎡(67.23坪)
延床面積:102.67㎡(31.0坪)
家族構成:夫婦+子

「がむ斜ら扇垂木」

整然とした分譲地に逆らうように、建物の配置を敷地に対し45°振った「斜45°の家」。その事で四角の土地には4箇所のスペースが生まれ、それぞれに趣の違う作庭を誂えました。正面の揃った住宅街には大きな変化が表れ、足並みを揃える無意味さを知ります。
アイランドキッチンを中心とした、開放的でありながらも内包される2Fリビング。その天井は住宅にはほとんど用いられることのない技法である「扇垂木」を採用。木組みのダイナミズムが圧巻となりますが、決して空間性を犠牲にすることなく、必然的な存在として空間を嫌味なく構成してくれています。

_CMD8298.jpg_CMD8129.jpg_CMD8160.jpg_CMD8049.jpg_CMD8090.jpg_CMD8095.jpg_CMD8253.jpg_CMD8120.jpg